LEDランプへの交換はおすみですか?


こんにちは!
”メタボ委員長”ことアサノ大成基礎エンジニアリング
本多純秀(ホンダヨシヒデ)です!

ここ数カ月、本格的にダイエットを実行しています!

基本的には筋トレ、ランニング等の運動と
食事制限をしています。
あとは風呂上がりのストレッチくらいですね。
※前屈で掌が床に付くようになりました!
最終目標は開脚です(笑)

食事制限と言っても、リバウンドしたくないので
「おかわりしない」「飲み会以外の飲酒は控える」等、
無理なくできることだけです。

この結果、これまでに10kg以上の
減量(体重はヒ・ミ・ツ)に成功しました!

ただ、元々がデカいので、見た目には
あまり変化がありません(笑)
「あれ?ちょっと痩せた?」と言われるくらいなので
まだまだ減量の余地があります。

いつの日か”スリム委員長”になれるよう
継続していきたいと思います!

さて、今回は節電対策として既に広く普及している
LEDについてのお話です。

LEDとは「Light Emitting Diode」の略で、
日本語では「発光ダイオード」と呼ばれます。

その特徴としては、ガラスを使用しないので
地震が発生しても比較的安全であったり、
紫外線の放出量が少なく
虫が寄ってこなかったりと
色々とありますが、、、、

やはり一番は皆さんご存知のとおり、
消費電力が少なく長寿命なので
『節電・コスト削減』にもってこいだということですね!

では、LEDの性能を見てみましょう。

%e7%99%bd%e7%86%b1%e9%9b%bb%e7%90%83%e3%81%a8led%e6%af%94%e8%bc%83%e8%a1%a8
環境省「平成23年版 図で見る環境・循環型社会・生物多様性白書」より抜粋

環境白書によれば、白熱電球(40W形)を
LEDに交換した場合、消費電力・CO2排出量ともに
1/6程度に低減でき、約1.6年で
投資回収可能なことがわかります。

また、一般社団法人日本照明工業会
によれば、白熱電球、電球形蛍光灯、
LEDの消費電力および寿命は下表のようになります。%e5%9b%b3

蛍光灯と比較してもLED
省電力かつ長寿命ということが分かると思います。

ここでちょっと長寿命というメリットに
スポットを当ててみましょう。

一般家庭であれば、長寿命のメリットは
単純に電灯買い替え費用の削減のみです。

一方、工場のように膨大な電灯を使用している場合は
それだけではありません。

電灯交換を外部委託している場合は
その費用の削減につながります。

また、電灯交換を工場内の
施設・設備担当者が行っている場合は
その手間が削減されます。
これまで電灯交換にかかっていた時間を
他の業務に回すことができるため、
業務効率の改善につながります。

つまり、単純に買い替え費用だけでなく
人件費の削減につながるというわけです。
※一般家庭ではお父さんが電灯を交換するのに
人件費は発生しませんからね(笑)

このように多くの恩恵をもたらしてくれる
可能性のあるLEDですが、
交換方法には注意が必要です。

工場や事務所で使用されている電灯の
多くは直管型の蛍光灯だと思います。
蛍光灯の点灯には安定器という装置が必須ですが、
LEDには必要ありません。

このことから、蛍光灯からLEDへ交換する場合、
大きく分けて以下3つのパターンがあります。

【パターン①】
工事を行わず単純にLEDランプへ交換する

【パターン②】
安定器を取り外す工事(バイパス工事)を行い、
ソケット等の器具はそのまま利用する

【パターン③】
器具ごとまるっと取り換える工事を行う

それぞれのメリットデ・メリットを見てみましょう。

【パターン①】
工事を必要としないため、最も安価に交換可能です。
また、蛍光灯との互換性があるので、
賃貸オフィス等では有効かもしれません。
ただし、安定器が余分に電力を消費すること、
安定器が故障すると使用できなくなること等が
デメリットとなります。

安定器の寿命は10年程度ですので、
LED交換前に蛍光灯を長年使っていた場合は
すぐに交換時期が来てしまう可能性もあります。

つまり、【パターン①】は初期投資が抑えられるものの、
LEDの最大のメリットである「省電力」「長寿命」の
 効果まで抑えられてしまうんです! 

また、安全性の問題もあります。
安定器に不具合が起きた場合、
蛍光灯であれば異音を発したり、
点灯に影響が出たりしますが、

LEDランプの場合にはそのような現象が起きないため、
不具合に気付かずそのまま使用してしまい、
発火してしまう可能性があります。
%e7%99%ba%e7%81%ab%e3%81%97%e3%81%9f%e5%ae%89%e5%ae%9a%e5%99%a8

LEDを原因とする火災のほとんどが
この工事不要直管型LED
不適切な取り付けによるものだとも言われています。

【パターン②】
器具は既存のものを利用するので、
まるごと取り換えるよりは安価に交換が可能です。
※ソケットが破損していなければ施工可能です。

既存の器具を利用するので、工事によって
発生するゴミも抑えることができ、
環境にも配慮した方法であると言えます。

ただし見た目にはランプを交換するだけなので、
「リニューアルした感」はないかもしれません(笑)

また、【パターン②】は電源内臓タイプor電源外付けタイプ
があり、前者はLEDランプそのものの重量が
重くなってしまうため、落下の危険性があります。

ただ、簡単な落下防止措置を施すことで
このリスクは排除できます。
%e8%90%bd%e4%b8%8b%e9%98%b2%e6%ad%a2%e5%99%a8%e5%85%b7
落下防止器具
%e5%8f%96%e3%82%8a%e4%bb%98%e3%81%91%e7%8a%b6%e6%b3%81
落下防止器具の取り付け状況

【パターン③】
既存の器具ごと更新するので、一番高価です。
見た目にも新しくしたいという場合には
有効な方法だと思います。

ただし、仕様がメーカーによってばらばらなので、
一旦取り付けえてしまうと故障や
経年劣化時のランプ交換が難しい
という点は問題として挙げられると思います。

以下まとめです。
%e5%9b%b3%ef%bc%92
こんなところでしょうか。

個人的な意見としてはリニューアルの場合は【パターン②】を、
新築の場合には【パターン③】を選択するのが良いと思います。

御存じの方もいると思いますが、昨年末、
一部メディアにて「白熱電球や蛍光ランプが
2020年をめどに実質製造禁止」という
報道がなされました。

日本照明工業会はこれを否定しましたが、
時代の流れを考えると、今後このようなことが
現実となる日が来るかもしれません。

仮にそうなれば、駆け込み需要によって
LED価格や工事費用の高騰に
繋がる可能性もあります。

まだLEDへの交換が済んでいない場合は、
一度専門家にご相談することをお勧めします!

工場コスト削減のお問い合わせはコチラ!

それでは、次回もお楽しみに!

02_ganbaru

カテゴリー: LED 交換, LEDランプ 交換 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

地中レーダー探査 ~工場の地下には爆弾が眠っている!?~


こんにちは!

”メタボ委員長”ことアサノ大成基礎エンジニアリング
本多純秀(ホンダヨシヒデ)です!

暑くなってきましたね。
ダイエットにはもってこいの時期です!
と言うのも、最近本気でダイエットを始めました!

ランニングも始めましたし、
ボルダリングにもハマっています。

そして何より、ロードバイクを購入しました!
自転車写真

安価な部類のロードバイクですが、
それでも家計へのインパクトは大きなものでした。

ですから、妻からは「買ったからには絶対痩せろ!
発破を掛けられています。

こう必要に迫られないと本気にならないのは
私の悪いクセです・・・

でもロードバイクで風を切って走るのは
とっても気持ちが良いですよ!
誰か私とサイクリングに行きませんか!? 

ロードバイクは舗装面を速く走ることだけを
目的にした自転車ですので、
路面のちょっとした亀裂や陥没でも
足を取られてしまいます。

このような路面の変状は、重量のある
自動車やトラックによるものですが、
とどのつまり路面を支える地下に
起因する現象です。

今回はこういった地中についてのお話です。

地中の状況を把握するためには
どのような方法が考えられるでしょうか?

実際に掘削し、確認するのが
一番明瞭ですね。

ただ、工場の場合、広大な土地であったり、
操業を止めることが出来なかったりと、
物理的にも時間的にも現実的ではありません。
費用も莫大にかかります。

このような場合地中レーダーを用いた
探査が非常に有効です。 

地中レーダー探査機はその名のとおり
レーダーで地中の状況を調べることができます。
そして、電磁波を利用した非破壊的な
探査手法であることが特徴です。
地中レーダー探査機
地中レーダー探査機
アンテナ
アンテナ

具体的にはアンテナから地下へ向けて
電磁波を入射させ、地中の異物からの
反射を捉えます。

探査イメージ
探査イメージ

実際の作業は地中レーダー探査機のアンテナを
ゆっくりと人力で動かして探査します。
地中レーダ探査状況
探査状況

地中の状況はリアルタイムでモニター画面に
表示されます。
そして、得られたデータを解析し、
異物の位置や深度を推定することができるのです。
埋設管からの反射
空洞からの反射

ただし、注意点は探査できる深度に
限界があることです。

探査可能な深度はアンテナの周波数や
土質、地下水などの地盤条件によって
異なりますが、一般的には
地表面から2~3m程度です。

これ以上深くなってしまうと、電磁波の
反射をキャッチすることができません。

この地中レーダー探査機
工場ではどのように利用することが
考えられるでしょうか?

①地中の空洞を把握
工場は敷地が広く、その多くがアスファルト等で
舗装されていると思います。

冒頭で記載したようなアスファルトの
変状の多くは自動車などの重量によって
アスファルトより下の土が圧縮したことに
起因します。

ただ、まれに地中にある空洞によって
崩落してしまうこともあります。

土の圧縮による轍程度の
軽微な変状なら良いですが、
車両の通行や建物に支障を与えるような
変状は避けなければなりません。

もちろん、工場建設の計画段階で
地盤調査を行い、設計上問題ないものと
なっているとは思いますが、
埋戻し不良や経年によって空洞化が
進行し、これが重大な変状の要因と
なってしまうことも考えられます。

建設時期が古く、地表に変状が出ている場合は
地下の空洞調査を行ってみるのも
良いかもしれませんね。

②埋設管の把握
工場では、埋設された様々な配管が
網目のように走っている
場合も多いかと思います。

ただ、図面と合わない、そもそも図面が
喪失しているというような場合も
あるかもしれません。

埋設管の位置がわからないと
増築・改築工事等で地下を掘削する際に
支障となってしまいます。

このような場合、地中レーダー探査によって
配管の位置を地表から確認することが可能です。

③不発弾探査
現在の工場地帯が戦前から工場地帯で
あった場合も多いかと思います。

戦前の工場と言えばやはり
軍需工場がメインですので、
必然的に爆撃の標的と
なっていたのではないでしょうか。

戦後70年経過した今日でさえ
不発弾に関しての報道があることを考えると、
比喩ではなく今回のブログのタイトル通り
「工場の地下には爆弾が眠っている」
可能性もあるのです。

地中レーダー探査はこのような
不発弾の探査に対しても有効な方法です。

以上、地中レーダー探査の利用方法について
書いてみましたが、いかがだったでしょうか?

その他にも地中に何らかの問題がある場合、
専門家に相談することをお勧めします。

工場コスト削減のお問い合わせはコチラ!

それでは、次回もお楽しみに!
02_ganbaru

 

カテゴリー: 地中レーダー, 地中レーダー探査 | タグ: , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

工場での3Dスキャンの活用


こんにちは!

”メタボ委員長”ことアサノ大成基礎エンジニアリング
本多純秀(ホンダヨシヒデ)です!

私事ではございますが、
1月6日に第二子となる女の子が
産まれました!
子供写真

二児の父として頑張りたいと思いますので、
これからも当ブログをよろしくお願いいたします!

というわけで今回は
工場での3Dスキャンの活用方法」について
書いてみたいと思います。

3Dスキャンとは対象物にレーザーを照射したり、
センサーをあてたりしながら3次元の座標データ(X,Y,Z)を
複数取得する、3次元測定器です。
3Dスキャン本体

青と銀の装置が、3Dスキャン本体で、
お弁当箱ぐらいの大きさです。
得られたデータから作図すると

このようになります。
3Dスキャン画像

3Dスキャンの利点は

■精度の高いデータを容易に得られる
→3Dスキャンは対象物にレーザーを照射し、
跳ね返ってくる時間によって距離を計測するのですが、
実測と比較しても引けを取らない精度で
かつ容易にデータを得ることが可能です。

■レーザーで計測するので暗い場所でも計測可能
→屋根裏等、照明機器がない場所でも
レーザーなので容易に計測することができます。

■立ち入るには危険な場所でもデータを得られる
→高所等の危険な場所に立ち入らずとも計測可能です。
足場等の仮設費用の削減にもつながります。

■対象物を様々な角度から見ることができる
→得られたデータからCGを作成するので、
紙ベースと異なり様々な角度から対象物を
見ることができます。

こんなところでしょうか。

では工場ではどのように活用できるでしょうか?
ちょっと考えてみました。

①図面の復元
建築時期が古く、竣工時の図面が
残っていない工場や、増改築を繰り返したことで
竣工時の図面と現状が大きく異なる工場は
少なくないのではないでしょうか?

また、配管が複雑に入り組んでおり、
その位置関係が図面と一致しないというような
工場もあるかと思います。

そのような場合、3Dスキャンを利用して
容易に図面の復元を行うことが可能です。
これにより、建屋の耐震性を確かめたり、
今後の増改築計画の検討が容易になります。

②工場内のレイアウトをデータ化
工場では大型設備の導入や入れ替え時に
配置をどうするか、搬入経路をどう確保するか
という問題が出てくることはよくあると思います。

ただ、工場内は資材を置いていたり、
パーテーションで仕切られていたりと
図面には記載されていないが、
配置、搬入の妨げになるものも多いのではないでしょうか。

3Dスキャンは建物そのものだけではなく、
棚やテーブル、額縁や時計といった物まで
トレースし、データ化することができます。

工場内の現在のレイアウトをデータ化することで
大型設備の設置位置や搬入経路の
検討を容易に行うことが可能となります。

③対外アピールに利用
対外アピールのため、ショールームを
併設した工場や、工場見学を
実施している工場は多いと思います。
このような場に3Dスキャンによる
デモ画面の展示や実際に操作して工場内を
隈なく見ることができるようなツールがあれば、
その工場や製品に対する理解が深まったり、
製品の信頼性を高めたりする効果を
狙えるのではないでしょうか。

また、ホームページ上に製品の写真ではなく、
3D画像を記載することで
同様の効果を得られる可能性もあります。

以上、私が思いついた活用例を挙げましたが、
工場での3Dスキャナの活用方法は
他にもあると思います。

「こんなことにも使えるのでは?」という
アイデアがありましたら、是非教えてください!

工場コスト削減のお問い合わせはコチラ!

というわけで今回は「工場での3Dスキャンの活用」について
書いてみましたがいかがだったでしょうか?

それでは、次回もお楽しみに!

02_ganbaru

カテゴリー: 工場, 3Dスキャン | タグ: , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。