工場での3Dスキャンの活用


こんにちは!

”メタボ委員長”ことアサノ大成基礎エンジニアリング
本多純秀(ホンダヨシヒデ)です!

私事ではございますが、
1月6日に第二子となる女の子が
産まれました!
子供写真

二児の父として頑張りたいと思いますので、
これからも当ブログをよろしくお願いいたします!

というわけで今回は
工場での3Dスキャンの活用方法」について
書いてみたいと思います。

3Dスキャンとは対象物にレーザーを照射したり、
センサーをあてたりしながら3次元の座標データ(X,Y,Z)を
複数取得する、3次元測定器です。
3Dスキャン本体

青と銀の装置が、3Dスキャン本体で、
お弁当箱ぐらいの大きさです。
得られたデータから作図すると

このようになります。
3Dスキャン画像

3Dスキャンの利点は

■精度の高いデータを容易に得られる
→3Dスキャンは対象物にレーザーを照射し、
跳ね返ってくる時間によって距離を計測するのですが、
実測と比較しても引けを取らない精度で
かつ容易にデータを得ることが可能です。

■レーザーで計測するので暗い場所でも計測可能
→屋根裏等、照明機器がない場所でも
レーザーなので容易に計測することができます。

■立ち入るには危険な場所でもデータを得られる
→高所等の危険な場所に立ち入らずとも計測可能です。
足場等の仮設費用の削減にもつながります。

■対象物を様々な角度から見ることができる
→得られたデータからCGを作成するので、
紙ベースと異なり様々な角度から対象物を
見ることができます。

こんなところでしょうか。

では工場ではどのように活用できるでしょうか?
ちょっと考えてみました。

①図面の復元
建築時期が古く、竣工時の図面が
残っていない工場や、増改築を繰り返したことで
竣工時の図面と現状が大きく異なる工場は
少なくないのではないでしょうか?

また、配管が複雑に入り組んでおり、
その位置関係が図面と一致しないというような
工場もあるかと思います。

そのような場合、3Dスキャンを利用して
容易に図面の復元を行うことが可能です。
これにより、建屋の耐震性を確かめたり、
今後の増改築計画の検討が容易になります。

②工場内のレイアウトをデータ化
工場では大型設備の導入や入れ替え時に
配置をどうするか、搬入経路をどう確保するか
という問題が出てくることはよくあると思います。

ただ、工場内は資材を置いていたり、
パーテーションで仕切られていたりと
図面には記載されていないが、
配置、搬入の妨げになるものも多いのではないでしょうか。

3Dスキャンは建物そのものだけではなく、
棚やテーブル、額縁や時計といった物まで
トレースし、データ化することができます。

工場内の現在のレイアウトをデータ化することで
大型設備の設置位置や搬入経路の
検討を容易に行うことが可能となります。

③対外アピールに利用
対外アピールのため、ショールームを
併設した工場や、工場見学を
実施している工場は多いと思います。
このような場に3Dスキャンによる
デモ画面の展示や実際に操作して工場内を
隈なく見ることができるようなツールがあれば、
その工場や製品に対する理解が深まったり、
製品の信頼性を高めたりする効果を
狙えるのではないでしょうか。

また、ホームページ上に製品の写真ではなく、
3D画像を記載することで
同様の効果を得られる可能性もあります。

以上、私が思いついた活用例を挙げましたが、
工場での3Dスキャナの活用方法は
他にもあると思います。

「こんなことにも使えるのでは?」という
アイデアがありましたら、是非教えてください!

工場コスト削減のお問い合わせはコチラ!

というわけで今回は「工場での3Dスキャンの活用」について
書いてみましたがいかがだったでしょうか?

それでは、次回もお楽しみに!

02_ganbaru

カテゴリー: 工場, 3Dスキャン | タグ: , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

下水道料金削減 減免制度(減量認定制度)って何?~いつまで、無駄な下水道料金を払いますか~


こんにちは!
”メタボ委員長”ことアサノ大成基礎エンジニアリング
本多純秀(ホンダヨシヒデ)です!

あの暑さはどこに!?
と思うくらい最近は涼しいですね。
朝夕なんかは半袖だと肌寒い
くらいです。

このまま過ごしやすい気候が
続けばいいのですが・・・
去年なんかは10月中旬ごろまで
暑かったように思いますので、
今年もまた暑さがぶり返すのでしょうか?

こういう時期は体調を崩しがちに
なるので、気を付けなければ
なりませんね。

では本題です。

これまで、当ブログでは何度か工場での
水道料金削減案として、地下水の活用を
ご紹介してきました。

今回は目線を変えて、「工場に取り入れる水」
ではなく、「工場から排出される水
つまり下水道料金のコスト削減案として減量認定制度をご紹介します。

皆さんは下水道料金がどのように
算出されているかご存知ですか?
通常、下水道料金は上水道や井戸から
取水したものは全て下水道に流れている
という前提で算出されています。

「ちょっと待って?
飲み水とか散水とかを考えると、
上水使用量がそのまま下水に流れると
考えるのはおかしくない?」
と思われる方も多いと思います。

そうなんです。

厳密に言えば上水使用量と
下水使用量は異なります。

ただし、家庭ではトイレとお風呂が
使用水量の半分以上を占め、
その他用途を見てみても
そのほとんどを下水に流している
と言っても過言ではありません。

家庭用水の内訳1

家庭用水の内訳
2006年度 東京都水道局調べ

このことから、一般家庭では上水と下水の
使用量が同じと考えても差し支えないのです。
※自治体によっては被災者や生活保護受給者等
に対する減量認定制度があります。

一方、工場はどうでしょうか?

飲料メーカーや酒造メーカー等、
製品に多量の水が含まれる場合、
取水量と排水量が大きく異なることは
想像に難しくありません。

また、コンクリート製造等、
製造過程で水が消失してしまう場合や
クーリングタワーで多量の水が
蒸発してしまう場合など、様々な場面で
取水量と排水量とが大きく異なることが
考えられます。

つまり、工場では実際の排水量と大きくかけ離れた
下水道料金を支払っている可能性がある!
ということです。

この無駄な下水道料金を削減するため、
減量認定制度」を活用することができます。
実際の排水量を計測し、その量によって
下水道料金を支払う方法です。

この制度は条例によって定めており、
各自治体でその内容や基準が異なります。
東京都の場合を見てみましょう。

東京都では減量認定制度
受けるために以下の条件が
定められています。

【減量認定制度 条件】
(1)営業活動に伴い使用される水であること

(2)営業活動に伴い使用する水の量と、公共下水道に
排除する汚水の量とが著しく異なること。基準は以下の通り

1月当たりの減水量が総使用水量の10%以上を占めるもの
ただし、1月当たりの総使用水量が1000㎥を超えるもの
にあっては1月当たりの減水量が100㎥以上のもの

(3)減水量を計測する量水器(メーター)は、原則として検定品
であり かつ有効期限内であること。

(4)給排水系統の配管の敷設状況等の審査で適格と認められること。

詳しくは東京都下水道局HP
http://www.gesui.metro.tokyo.jp/
をご覧ください。

このようにある程度の条件はありますが、
どのような施設や設備に適応できるかという
明確な決まりはありません。

実際に減量認定制度を受けるためには
各自治体との細かい協議が必要となります。
また、排水量の計測には
メーターの設置場所によって
大きく3通りの計測方法があります。
模式図

①は下水道に排水する直前に
メーターを設置する計測方法で、
出口管理」と呼ばれます。

②は冷却塔のような減量対象となる
施設・設備の直前に子メーターを設置する
計測方法です。
減量対象施設・設備で使用された水は
全て消失するという前提で計測します。

③は②と併用し、減量対象施設・設備の
前後に子メーターを設置することで、
実際にどのくらいの水量が消失したのか
計測する方法です。

排水の削減量は一般的に①>②>③
となります。

①は減量対象施設・設備以外の消失、
例えば従業員が飲み水として利用した
部分も含まれるので当然ですよね。

実は、この計測方法も各自治体によって
認められるものと認められないものが
異なります。

ちなみに、東京都では
出口管理は認められていません。
また、全国的にも出口管理を認めない
方向で条例が改正されているようです。

ただし、以前は出口管理を認めていたものの、
現在は認められていない自治体で、
改正以前に認定された排水量を
既得権として認めている自治体もあります。

横浜市のように改正後は
既得権も認めないといった自治体も
ありますが・・・

このように減量認定制度
各自治体で異なる部分が
多いので、下水道料金の
削減をお考えの際は、専門家や
各自治体、水道局に問い合わせてみてください。

また、まだ出口管理が認められている
地域で減量認定制度を活用していない
工場は、早めに活用することをお勧めします。

工場コスト削減のお問い合わせはコチラ!

というわけで今回は下水道の減量認定制度について
書いてみましたがいかがだったでしょうか?

それでは、次回もお楽しみに!

02_ganbaru

カテゴリー: 下水道, 工場 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。

工場の暑さ対策


 

こんにちは!
”メタボ委員長”ことアサノ大成基礎エンジニアリング
本多純秀(ホンダヨシヒデ)です! 

まずはこちらをご覧ください。
プラモデル2015071

これが
プラモデル2015072

こうなります(ドヤァァァ)

今回のテーマには全く関係ありません!
ただ完成したプラモデルを見せたかった
だけです!

それにしても暑いですね!
やはりこう暑いと熱中症には十分注意が
必要ですね。

そこで今回は「工場での暑さ対策」について、
事例を紹介します。

先日、とある食品メーカー様より
工場の省エネ対策を提案して欲しい
というお問い合わせを受けました。

事前情報では、その工場には既設井戸が2本あり、
製造用水は、全てその井戸水
利用しているということでしたので、
井戸水の配水ラインに
ヒートポンプシステムを導入することで、
省エネ対策ができないかと考えました。

早速、その工場にお伺いし、
直接お話を聞いてみたところ、
以下のような課題を抱えていることが
わかりました。

①夏季は加熱処理を行う調理場の冷房が効かない 

②冷房効率を上げたいがそれに伴うエネルギーコスト
の上昇は最低限に抑えたい 

つまり、作業環境改善が第一の課題であるが、
コスト上昇も最低限に抑えたいので、
よい方法はないか?というご相談でした。

井戸水を活用したヒートポンプシステムを導入すれば
省エネ対策となる可能性はありますが、
根本的な空調効率の改善には
繋がりません。

さらに詳しくお話を伺うと、
調理場はスポットクーラーや
天吊式空調機等があるものの、
外気をそのまま取り入れ送風していることが
わかりました。

そこで、外気の取り入れ口である機械室を
冷やすことで調理場だけでなく
工場全体の空調効率を上げ、
さらに機械室を冷やす方法として
空冷式ではなく井戸水を活用した
ヒートポンプシステムを導入することで
コスト上昇を抑えることを提案しました。

空冷式と井戸水を活用したシステムの
比較検討を行ったところ、
イニシャルコストでは、井戸水を活用した方が高いものの、
ランニングコストは空冷式より、井戸水活用の方が
40%程度低く、イニシャル差は15年程度
回収できることがわかりました。

さらに、補助金を活用すれば
回収期間を8年程度に短縮できる事もわかりました。

まだ導入は決定しておりませんが、
食品メーカー様には、現在ご検討いただいています。

このように、従業員の作業環境改善も必要だが
コストもなるべく抑えたいという
課題を抱えている工場は、多いと思います。

このような課題は、
さまざまな観点から検討し、
最適な解決策を選択することが重要ですので、
一度、専門家にご相談することをお勧めします。

工場の省エネ、経費削減のご相談はコチラ!

ということで、今回は「工場と暑さ対策」というテーマで
書いてみましたが、いかがだったでしょうか。

では、次回もお楽しみに!

01_aisatu

 

カテゴリー: 工場, 工場 省エネ対策, 未分類 | タグ: , , , , , , , , , , , | コメントは受け付けていません。