タイトル

温泉に関係する資格

みなさん、こんにちは!


井戸おやじこと、
アサノ大成基礎エンジニアリングの杉山明です!


私どもは、温泉を掘削することでお客様に
喜んで頂いていると思っていますが、
それ以外でも、温泉が果たす役割はさまざまです。

今回は、いつもと趣向を変えて、
温泉に関する資格についてご紹介します。


資格を取得するために勉強すれば、
温泉の奥深さや素晴らしさが理解でき、
それを周囲に広めることによって、
みなさんに健康や安らぎ、美肌を
与えることができると思います。


温泉に関する資格は意外とたくさんあり、
今回はその一部を紹介したいと思います。


ちなみに、井戸おやじは、温泉を掘削するための
「さく井技能士」という資格を持っております。



①温泉ソムリエ
【取得方法】
温泉ソムリエ協会が主催する「温泉ソムリエ認定セミナー」または「温泉ソムリエ認定ツアー」に
参加することで、認定されます。
在宅でネットにて受講・受験もできます。


【メリット】
温泉に関する知識と正しい入浴法を
身につけることができます。


②温泉入浴指導員
【所得方法】
一般財団法人日本健康開発財団が実施する
講習を受講し、筆記試験に合格すれば「修了証」が交付されます。


【目的】
厚生労働大臣が認定する「温泉利用プログラム型健康増進施設に係る認定基準」に
定める温泉利用プログラムを安全かつ適切な実践を指導し、
生活指導、安全管理・救急処置が出来る者を養成することを目的としています。


また、この講習会を修了すると「修了書」を取得すると同時に、
厚生労働省が定める「健康増進施設認定規定」第4条第4号ホに
規定する「温泉利用プログラムを安全かつ適切に指導する能力を有し、
身体測定、生活指導及び応急手当を行う者」として認められます。


健康増進のために役立つ資格で、正直すごい!!


③温泉観光士
【所得方法】
日本温泉地域学会が主催する温泉観光士養成講座(2日間)を受講し、
試験に合格すると認定されます


【趣旨】
温泉資源を保全し、温泉学の本質を理解して、
全国の観光・温泉保養地域の発展、活性化に
寄与する実践力を身につけることを意図しています。

このほかにも・・・

・スパリエ
・温泉保養士
・温泉指南役
・温泉療養指導士
・温泉観光実践士


等、まだまだあります。それぞれ学べる内容もさまざまですが、
いずれも温泉についての知識を深めることができるので、非常に興味深いです。


恥ずかしながら、これらの資格についてあまり知らなかったのですが、
井戸おやじとしては、まずは一番聞きなじみがある
「温泉ソムリエ」の認定を目指したいと思います。


機会がありましたら、資格取得についてご報告したいと思います。
次回は、「防災井戸」についてご紹介したいと思いますので、ぜひご覧ください。

以上、井戸おやじでした。

<井戸や温泉掘削に関するご相談はコチラまで>

2022年10月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

Copyright© 地下水・井戸利用ブログ井戸端会議」 All rights reserved.