タイトル

井戸水利用と融雪槽


こんにちは!


井戸おやじこと、
アサノ大成基礎エンジニアリング杉山です。

少し前になりますが、ソチオリンピック女子ジャンプ、
沙羅ちゃん(北海道上川町出身)、残念でした。
でもよく頑張りました。

その後のワールドカップでは優勝ということで、
やはりオリンピックには魔物が潜んでいる
というのを感じてしまいます、井戸おやじです。

ところで、今年は20年(45年とも?)ぶりに、
東京でもずいぶん雪が降りました
北海道の方は、まだまだ積雪も多く、
寒い日々が続いております。

さて、そんな北海道の一大イベント、
先月(2/5~11)に開かれた
札幌雪まつりの様子です。

期間中、240万2000人の方々にご来場いただきました。
北海道人として、ご来場いただいた皆様に、
心より感謝申し上げます。
aba1dd9afd994bc383f5259806be7bb4-300x224.jpg
[ 大雪像:スルタン・アブドゥル・サマド・ビル(マレーシア)]
6ac2397867767a902ce2217f0a58282f-300x224.jpg
[ 大雪像:ウインタースポーツ天国、北海道]
f6f77a1616e27fc34eb1a81aa7dc6262-300x224.jpg
[ 夜の大雪像:同上 ]

今回は「地下水を利用した融雪槽」について考えてみます。
札幌の降雪量は、その年によって、日々の降り方は
違っていますが、結局ある時期になると、
例年通りの雪の量となるようです。

住宅街では、毎朝家の前の雪かきをするのが
日課
となります。

このとき、道路沿いに雪山ができていると
雪の持って行き場(捨て場所)がなく、
高く積み上げるにしても限界があります。

道路の除雪は、札幌市がほとんど毎日、明け方までには、
やってくれるのですが、毎日排雪してくれる訳では
ありませんから、道路際に雪山ができてしまいます。

隣に空き地でもあれば良いのですが、
雪の捨て場に困っているのが現実です。

本州の豪雪地帯では、地下水を利用した
道路散水消雪が多いのですが、北海道では、
日中でも、氷点下の気温(真冬日)が多いので
地表に散水すると凍ってしまい、かえって危険です。
ed80de20dfec1bd144442f3c2532b6bb-300x225.jpg
[ 札幌市郊外住宅地の降雪状況 ]

水を撒かない無散水方式については、
ヒートポンプ等も考えられますが、
もともと地下水の熱エネルギーが大きくないので、
高密度のものに変換するよりも、
そのまま使うのが最適とも言われています。

札幌市の平成25年度の道路除雪費を含む
雪対策の予算は151億5300万円です。
ざっと、一晩で1億円になります。

自宅前の道路に排雪を出さないで、排雪を自ら融雪槽で溶かして、
下水に放流した場合、下水料金の減免を受けられる制度があります。

融雪槽については灯油ヒーターを熱源としたものが多いのですが、
最近の石油価格の高騰を考えると、融雪槽の横に井戸を掘って、
融雪槽内に散水して雪を溶かし、融雪桝を通して下水に放流する
やり方も増えてきました。

今冬、市内で稼働した融雪槽の写真を次に紹介します。
4d2898cc519c4468d541cbcfe0072ef6-224x300.jpg
[ 地下水融雪槽システム ]
6929b940e4802cf13960acbb172247c2-300x224.jpg
[ 雪の投げ入れ状況 ]
b54091b9ea851f9c8810b52e50cbc14b-300x225.jpg
[ 雪の投げ入れ状況2 ]
3c68c2dd13bf243cb21461b7b3c1e119-300x224.jpg
[ 雪を投げ込まれた融雪槽 ]
3c68c2dd13bf243cb21461b7b3c1e1191-300x224.jpg
[ 融雪槽の溶解状況(2分後)]
fdb9a13a19bc00b51756f9a36fb43c78-300x225.jpg
[ 融雪槽の溶解状況(5分後)]
259291dbe5343002de28c9b801804035-300x225.jpg
[ 融雪槽の溶解状況(10分後)]

この場合の設備の概要は以下のとおりです。
・井戸:口径200mm×深度55m

・井戸ポンプ:口径65mm×5.5kW

・融雪槽:鋼製3.0mL×1.5mB×1.5mH

・地下水温:10℃

・揚水量:500L/min

今回は、やや大きめの設備を設置して、
ひと冬の実績を調べています。

実績としては、市内や近郊の市で、家庭用の
地下水(打込み井戸程度)を利用した融雪槽があり、
費用的には40万~60万円位で、
施工される業者さんもいるようです。

当社が現在、考えている井戸+融雪槽設備は、
通常除雪費用に比べて高コストとなっており、
一般戸建て住宅向けにはなりません。

今後、排雪量と設備規模の最適化
適用事業所の規模・種類等について
検討していきます。

シンプル イズ ベストですが、どうでしょうか

課題としては、
地下水環境に対しては地下水揚水量の増加
公共下水道設備の容量負担が大きくなる
などが考えられます。

当社としては、今後も水循環のひとつである雪との
上手な付き合い方を考えていきたいと思っています。
d1a6415d647990fc6dce6a19a3f775d3-300x225.jpg
[ 雪まつり会場:北海道 食の広場も人気]

雪祭り会場では、、、
え!ビール?・・・うーん寒そう!
今回もお読みいただきありがとうございました。

それでは~!

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

Copyright© 地下水・井戸利用ブログ井戸端会議」 All rights reserved.