タイトル

温泉ボーリング工事の紹介~北の大地・北竜町に温泉湧出~

こんにちは!
井戸おやじこと、アサノ大成基礎エンジニアリング
杉山明です。

今年もすでに12月・・・窓の外、
この雪は根雪になるのでしょうか?

おやじも年を重ねる毎に1年がどんどん早く過ぎます・・
この間、お正月だったような?・・・

とは言っても、昨日のことさえ良く覚えていません・・
何か矛盾してる?
・・・・・・・・・・
皆様はいかがでしょうか?

先日、12月4日の全国ニュースでも流れましたが、
北海道のJR留萌線、留萌(るもい)-増毛(ましけ)間(16.7km)
が1921年(大正10年)の開業以来、95年の歴史に幕を閉じ、
最終列車には多くの鉄道ファンが集まりました。

増毛駅は高倉健さん主演の映画「駅 STATION
の舞台になった終着駅で、増毛町には
酒好きなおやじとしては外すことのできない
国稀(くにまれ)酒造さんもあります。

地元の皆さんはじめ我々北海道の人間も
さびしい思いと共に
「鉄路の維持は何とかならないものでしょうか?」
と思ってしまいます。

さて、お話をブログの話題に戻しましょう!
年末を迎え、今年も弊社ではいくつかの
温泉の開発をお手伝いしてきました。

そのひとつ、北竜町様は増毛町の東約30kmに位置しています。
次にご紹介させていただきます。

この度、北海道空知管内雨竜郡北竜町にて
札幌市のコンサルタント会社である
株式会社ユニオン・コンサルタント様の
お手伝いをして「北竜温泉2号泉源」
の温泉ボーリングを施工いたしました。

その成果を以下に発表します。

1.北竜町の位置及び特色など
97a85484feaf7cbdc8ab0c80ca412ac0.gif

北竜町HP「町の概要」より

北竜町は、北海道の中心よりやや北西方にあり、
札幌から旭川に向かって2時間ほど車を
走らせた所になります。

北海道内でも有数な稲作地帯ですが、
近年では作付面積国内最大級ひまわり(町花)
シンボルに町づくりを行っています。

2.温泉ボーリングについて
温泉ボーリングの掘削地点は、北竜町役場から
2㎞ほど北に位置する「道の駅 サンフラワー北竜」内の
サンフラワーパークホテル
の裏手になります。
(写真-1、2参照)

道の駅には、百台以上の駐車場はもちろん、
電気自動車用の充電施設や北竜町の農畜産物の
直売所みのりっち北竜)も備えています。
これらの施設に面して、サンフラワーパークホテルが
建っています。

27d07f4fc0e81f82925b8f0e3b3f9674.jpg
写真-1.道の駅入口

道の駅の入口では、2頭の竜が出迎えてくれます。
入口の左に温泉ボーリングの櫓が見えます。

e4ee8e0350996a016e7aa6bd75ab8330.jpg
写真‐2.「道の駅サンフラワー北竜」全体像

ホテルの左側に温泉ボーリングの櫓が立っています。
温泉ボーリングは、トリコンビットを用いた
ベントナイト泥水循環工法で施工しました。

c8ed828c4c945e3d57967b2e77225455.jpg
写真-3. 使用トリコンビット

この工法は、基本的な水井戸ボーリングと変わりませんが、
一般的に温泉ボーリングは、深度1,000mを
超える深いボ-リングが多いので(本ボーリングは、1,200m)
最終口径より大きな口径で掘り始め、
段階を追って口径を小さくし、
最終的に計画口径に仕上げる
という方法を取ります。

本ボーリングも3段階の口径変更を経て、
計画口径に仕上げました。

各段階の掘削完了後は、ボーリング孔に
鉄管(ケーシングパイプ)を電気溶接で接続し、
孔内に挿入して崩壊防止とします。
d24ee0cb9d57a060bbf6746431094f99.jpg
写真-4.ケーシングパイプの設置


この鉄管にスリット(切れ目)加工した物(ストレーナー)を
所々に入れることで地層に賦存する
温泉水が井戸内に浸透します。

これを温泉用の水中ポンプで吸い上げて、
お風呂や熱源として利用します。
0e0179e3906f330315714dd371f5fbe7.jpg
写真-5.スリット加工品(ストレーナー)


温泉井戸内にストレーナーを設置後、
この北竜温泉2号泉源は
何度の温泉を何リットル汲むことが出来るのか?
を知るために揚湯試験を実施しました。
2186e44992f12b9dbb7f0453c024cac4-e1481444986908.jpg
写真-6.試験用温泉ポンプ(全長3m以上あります)


3c895d2fcfb881bff54d16a00735d64b.jpg
写真-7.揚湯試験状況


北竜温泉2号泉源は、泉温40℃以上の温泉を
毎分200リットル以上汲むことが可能と分かりました。
f36fc0458607842cbf0775516687491b.jpg
写真-8.ひまわりとボーリング櫓


今年も多くの皆様に助けられて、
北竜町様はじめ温泉開発の仕事に・ブログに・お酒に
etc.・・・・

楽しんでやらせていただきました。

さて、おやじもそろそろ年齢不詳みたいになってきて・・
中には年寄りの狂い咲きを心配する方もいらっしゃいますが・・
来年もまた、元気で頑張ってまいりますので、
よろしくお願い申し上げます。

では皆様、良いお年を。

今回もお読みいただきありがとうございました。

by井戸おやじとその愉快な仲間達でした。

2019年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

Copyright© 地下水・井戸利用ブログ井戸端会議」 All rights reserved.