タイトル

どこが最初に開業するか?ベトナムの都市鉄道

みなさん、初めまして。

ATK唯一の海外拠点、
ベトナム・ホーチミン駐在の山本です。

この度、栄えあるインフラ開発情報局
執筆者の一員となりましたので、よろしくお願い致します。

今後は、国内担当と持ち回りでインフラ情報をお届けしていきます。

さて、ベトナムでは国土を南北に走る
「南北鉄道」が、運行している唯一の鉄道になります。

「南北鉄道」は、開業が1910年と歴史のある鉄道で、
現在の車両も40年以上前のものであり、
それはそれでまた趣があります。

ただし、ホーチミンからハノイまでは、
約1,700km、33時間と時間が掛かりますので、
のんびりとした旅行でないとなかなか乗る気になりません。

一方、都市部においては、
急速な経済発展に伴い渋滞や大気汚染が深刻化し、
都市鉄道が必要になってきましたが、
まだ1路線も開業しておりません。

現在、首都ハノイでは、1~10号線まで計画されており、
そのうち2路線(2A号線、3号線)が建設中、
商業都市ホーチミンでは、1~6号線まで計画されており、
1路線(1号線)のみが建設中となっています。

1.建設中のホーチミン・メトロ1号線の駅.jpg
                         (建設中のホーチミン・メトロ1号線の駅:筆者撮影)

現在、建設中の3路線のうち、
どこが最初に開業するのでしょうか?

昨年末に調べた情報では、
「ハノイ・メトロ2A号線」が2021年1月となっていました...???
「あれ、まだ開業していないぞ?」と思い、再度検索してみるとありました。

1/10付けのニュースで、3月31日運行開始との記載されております。
どうも、この「ハノイ・メトロ2A号線」が、
都市鉄道として最初に開業するようですが、
こちらベトナムのことですので、まだ何が起こるかわかりません。

それでは、ほかの2路線はどうでしょう?

調べてみると、「ハノイ・メトロ3号線」、
「ホーチミン・メトロ1号線」ともに2021年末開業と発表されています。

両路線ともに、車両はすでにベトナムに届いており、試運転中とのこと。

ご近所の駅も慌ただしく工事をしている様子が伺えますので、
私は年末を楽しみにしているのですが、
「どうせまた延びるでしょう。」と、街の声は冷ややかです。

そうです、これらの路線は何度も開業を延期してきているのです。

          表1 建設中のベトナム都市鉄道
表1 建設中のベトナム都市鉄道.png

表1の通り、3路線すべて現時点で3~5年も遅れており、
再度遅れが出る可能性は十分にあります。

もしかしたら「ハノイ・メトロ3号線」、
「ホーチミン・メトロ1号線」の逆転劇もあり得えます。

いずれにしましても、当社ホーチミン事務所に最も身近な
「ホーチミン・メトロ1号線」は、
オールジャパン体制で建設されており、期待が高まります。

ホーチミン・メトロ1号線の車両の実物大模型.jpg
                      (ホーチミン・メトロ1号線の車両の実物大模型:筆者撮影)

ちなみに、建設中のすべての路線で運営組織は、
日系鉄道会社中心の企業体により行われており、
我々のグループ会社である㈱オリエンタルコンサルタンツグローバルも、
ホーチミンの技術プロジェクトの一員として活躍中です。

ATKも負けじと、得意のインフラ保全技術を、
ベトナム、そして東南アジアに展開すべく鋭意活動中ですので、
応援のほどよろしくお願い致します。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

~ワンストップ・ソリューションを実現する総合エンジニアリング企業へ~
ご相談やお問い合わせはこちら

2021年5月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

Copyright© インフラ開発情報局」 All rights reserved.