タイトル

井戸を埋める!?~埋め立てが必要な井戸とは~


こんにちは(^O^)ノ


チョイワル井戸おやじこと、
アサノ大成基礎エンジニアリング
杉山明です。

みなさん、お久しぶりですね!?

前回の更新から1ヶ月以上も
経ってしまいました。

みなさんにお会いしない間に
季節はすっかり秋から冬へ...

気温もだいぶ低くなり、
北海道では早くも雪が降りました。
厳しい冬はこれからが本番ですね。

さて、
前回は「非常用井戸」について
お話をしましたが、今回は
「井戸を埋める!?」
というテーマでお送り
したいと思います。

「井戸を埋める」

みなさんいろいろな噂を
聞いたことがあるのでは
ないでしょうか?

噂を聞いたことがない人は
「井戸」「埋める」
でキーワード検索を
してみましょう。

きっと怖い思いをする
はずです!笑

そのあたりのこわ~いお話は
またの機会にするとして、
今日は「埋立の目的」を中心に
お話をしていきたいと思います。

どんな時に井戸を埋め立てるのか?

井戸は水が出なくなった、
もしくは何らかの事情で
使用されなくなった時、
埋め戻されるケースが
多いです。

おおよその人が井戸と聞いて連想する、
幽霊が出て来そうなくらいの
いかにも井戸という、
口径の大きな浅井戸の場合は、

放置しておくと
人が転落してしまい、
リアル貞子を生み出す
危険性があります。

冗談抜きで...
古井戸に乗っかっていた
腐った木製の蓋を踏み抜き、
中に落ちたという話は
実際に起きています。

通常の深井戸は太くてもφ500㎜で、
余程の事が無い限り人は落ちませんが、
帯水層被圧差の関係で、
放置すると水質の悪い層から
水質のいい層に悪い地下水が
浸入する可能性があり、

井戸自体だけでなく、
周囲に井戸が多い場合には、
広範囲に渡って影響を与える
危険性があります。

特に臨海部の場合は、上の方の
帯水層から順次塩水化されていく
傾向が見られますが、地下水の
くみ上げ過剰だけでは説明できない、
上記のケースと思われるものも
見られます。

このような事から塩水化
使えなくなった井戸は、
必ず埋立しなければなりません。

0a969a6d86a10edb5cd14c52d6a8cdd0-300x158.png
「井戸の塩水化」模式図 ※クリックすると拡大できます

また、井戸ケーシングが鉄管で
腐食が進んでいる場合、
それほど広範囲ではありませんが、
井戸が崩壊して井戸の周囲が
陥没する恐れもあります。

これらの事から完全に廃井にするなら、
必ず埋立する事が肝心です。

と、今日はここまで!

次回は「井戸の構造」 について
お送りしたいと思います。

井戸に関してのご質問なら
どんな些細なことでもかまいませんので、
どうぞお気軽にお問い合わせください!

井戸に関する質問・お問い合わせはコチラ

先日、仕事で久しぶりに
東京本社に行きまし

夜は気の置けない仲間と
東京の夜を満喫!

詳しい内容は... ヒミツです!

それでは次回も
お楽しみに~!(*^^)v

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

Copyright© 地下水・井戸利用ブログ井戸端会議」 All rights reserved.