タイトル

井戸の修理と維持管理:メンテナンス編


こんにちは!o(゚▽゚)/


中年の熱い炭酸、 井戸おやじこと
アサノ大成基礎エンジニアリング
杉山明です。
DSC07252_588x-300x199.jpg
研究に研究を重ねた面白い新商品が開発
されている一方、世の中、虚偽表示にゆれる毎日です。
北海道産といって外国産を出されては困ります

高級ホテルや有名百貨店が謝罪を繰り返しています。
高級な場所では食事をしないおやじなので、
関係ないと言えばないのですが。

道内では生産地の方が困惑しているようです。
昨晩は、お店の子に「いくつ?」と聞くと
28才、独身(にこっと笑い)ですとのこと。
確か前の店では、35才の子持ちだったような?(笑)

まあいいか!おやじは気持ちよくだまされて
今夜もお酒をいただくことにします。
852f1fcaec17dcda53c779be65c7688a-300x224.jpg
写真は夕方とはいえ、すっかり暗くなった

小雨降る昨晩のススキノです。
もうすぐ、雪が降り積もる札幌です。

ゴルフシーズンも終わり、
おやじたちはやることがなくなって、
やっぱり、飲みに出る季節になりました。

みなさん、アフター5も頑張りましょう。

さて、今回は前回の続きで、
井戸の修理と維持管理パート2
をお話します。

前回は、井戸の管理診断の必要性、
老朽化井戸の障害について考えてみました。
今回は続編、井戸の補修について
触れてみたいと思います。

井戸のトラブルには井戸自体の場合と
揚水設備の場合とがあります。
揚水設備に起因するものは水中ポンプの劣化、
揚水管の閉塞等であり、ここでは井戸自体の場合
について考えてみます。

井戸の障害については、揚水量の減少
水位の低下揚砂量の増加
水質の変化があります。

この原因としては、井戸スクリーンの目詰まり、
ケーシング溶接部等の破損箇所からの
砂や充填砂利の流入による井戸(スクリーン)の埋没、
地下水汚染等が考えられます。

井戸湧出能力の減退、井戸構造上のトラブルに
対処するための洗浄工事または修復工事は
一般に井戸の改修工事と呼ばれています。

改修工事の種類は大きく2種類に分かれ、

① スクリーンの目詰まりを除去する浚渫(しゅんせつ)洗浄工事
② ケーシング、スクリーンの破損対策としての
二重ケーシング工事

があります。
全国の水道水源井戸も古いもので、50年以上の経年
みられ、この間に二重ケーシング、中には
三重ケーシングが施工された井戸もあります。

二重ケーシングは、もとの井戸の内側にひと回り小さい口径の
ケーシングを挿入し、外側のケーシングの破損箇所から
流入する砂や砂利によってこれ以上、井戸が埋まって
しまうのを防ぐ方法です。

内装ケーシングの材質については耐食性を考慮して、
SUS管、FRP管、塩化ビニル管が主に使われています。
二重ケーシングではもとの井戸よりも口径が小さくなるので、

口径に余裕がない場合、これまで使っていた
ポンプが使えなくなる他、一般的には、揚水量も減少する
ことが多くなります。

昔の井戸は、揚水量が多かったせいもありますが、
深井戸の口径としては、比較的大きな300~400mmといった
口径の井戸も多く、二重ケーシングを可能なものにしていました。

一方、浚渫洗浄工事では井戸底に溜まった埋砂を
浚渫すると共に、スクリーンの目詰まりを除去するための
各種の洗浄工法があります。

洗浄工法にはベーリング洗浄、ブラッシング洗浄、
スワビング洗浄、ジェッティング洗浄、揚水・注入法、
大容量断続揚水法、ドライアイス洗浄などがあります。

また、目詰まりの原因物質となっている
スケールを化学薬品で溶解して洗浄する薬品洗浄法もあり、
薬品洗浄は普通、前述の機械洗浄と併用して
用いられることが多いです。

地下水の水質が飲用に適するほどの良質な場合でも
地下水中には硬度成分、カルシウムなどを含んでいる
ことから井戸の中ではケーシングや揚水管に
スケールが付着します。

15年、20年経って、いざ、井戸の具合が悪いので、
見てほしいと言われて、行ってみると、井戸の地上部は
鉄スケールがこびりついており、井戸の中では、
ケーシングと揚水管の間にスケールが付着し、
水中ポンプを引抜くことができないと思われた場合には、
手をつけることができなくなります。
70d812d8ed77187d99f5bbb139ed550c-300x224.jpg
[洗浄をせずに錆が浸食し尽くした水中ポンプ]
280c7e2f01a727a78017a3071c8a2a6b-300x225.jpg
[同 揚水管]

井戸の洗浄作業は、その井戸の水質にもよりますが、
一般には、4~5年に一度、実施されています。

以上の各種工法の概要については、
次回、お話する予定です。

井戸に関してのご質問なら
どんな些細なことでもかまいませんので、
どうぞお気軽にお問い合わせください!

それではまた次回~!(*^^)v

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

Copyright© 地下水・井戸利用ブログ井戸端会議」 All rights reserved.