タイトル

温泉の泉質のはなし

こんにちは!

井戸おやじ こと、アサノ大成基礎エンジニアリングの杉山明です。

いよいよ4月、新年度が始まりました。
気持ちを新たに、この1年をスタートしましょう!
東京などはもう桜が散り葉桜ときいておりますが
北海道の桜はこれから満開を迎えます。

毎日新たな気持ちを維持している方は別ですが、
ややもすると、おやじのようにマンネリと惰性に流
されてしまいがちな方も多いのではないでしょうか。

区切りの4月は、いい機会ですので、
ここはひとつ一念発起してみましょう!

社内でも社員一人ひとりの成長を大事に考え、
その成長のためには何が必要か?
キーワードに出会い・変化・選択・覚悟・行動
取り上げています。

ブログを読んでいただいた方には、
すでにお分かりとは思いますが、
おやじも懲りない性格はなかなか変えられず、
寄る年波もあり、新しいことにチャレンジする
気持ちが足りないかなと。
若い方には失敗を恐れずに
行動していってほしいと思っています。

そこで、おやじも・・・・・・・

断酒・禁煙宣言を!!



すみません・・・
これはもう少し先にさせて下さい!

今回も北海道のおいしい料理でごまかします??

b0bd0ad1a01d467b3dda31de769e4ab6-225x300.jpg
【厚岸産生牡蠣の旬は12~2月ですがまだ】

ところで今回は、弊社の得意とする温泉に関する
話題としてその泉質について取り上げてみました。

addfda7a608b5ccb7ec4af1b0bec2821-300x224.jpg
【泉温50℃×毎分200㍑×その泉質は?】

泉質のおはなし~

泉質のお話しの前に、温泉とはどのようなものを
指すのか見てみましょう。

■温泉の定義
温泉法第2条で「温泉」とは、地中から湧出する温水、
鉱水及び 水蒸気 その他のガス(炭化水素※1を主成分とする
天然ガスを除く) で別表に揚げる温度又は物質を有するもの。
と定義されています。
※1:炭素原子と水素原子で構成された化合物の総称で最も
構造の単純なものはメタン:CH

ここで、温泉法から別表を示します。
4ba5d3c670bf860cb95aeb4544d7dc56-241x300.jpg
別表から、温泉源から採取された時の温度が25℃以上あれば、
成分に関係なく温泉となります。
この定義は、昭和23年(1948年)に温泉法が制定されてから
変わっていません。

温泉の分析方法は、「鉱泉分析法指針:環境省自然環境局」
によって定められています。
同書では、温泉法による温泉は
「鉱泉の他、地中より湧出する水蒸気及びその他のガスを
包含する定義」
であるとして、鉱泉という言葉を使っています。

そして、その定義は...

「鉱泉とは、地中から湧出する温水及び鉱水の泉水で、
多量の固形物質、またはガス状物質、もしくは特殊な物質を含むか、
あるいは、泉温が源泉周囲の年平均気温より著しく高いもの」
としています。

また、鉱泉と常水の区分は先に示した温泉法による別表に従う
としていますので、温泉と鉱泉は、あまり変わらないようですが、
「鉱泉分析法指針」を参考とする本ブログは、「鉱泉」という
単語を使います。
鉱泉の分類には、① 泉温の分類。② 液性の分類、③ 浸透圧の
分類があります。

以下にその内容を示します。

①泉温の分類
鉱泉が、地上に湧出した時の温度、または採取したときの温度を
泉温といい、泉温から次表のように分類されます。
bf889a87d108316e01e9480bc777c796.png

②液性の分類
鉱泉の液性を湧出時のpH値から次のとおり分類されます。
152e99e640d6975354aaf6548c809cfe.png

③浸透圧の分類
鉱泉の浸透圧を、溶存物質(ガス性のものを除く)または
凝固点(氷点)により次のように分類します。
ac145b8fd6ce197624b6ba5e10dff346-300x87.png

上記による分類は、成分分析により、「療養泉」と判定されると
泉質名とともに併記され、
例えば
泉温43℃
PH値7.1
溶存物質9,000㎎/㎏
の鉱泉ですと、「等張性 中性 高温泉」となります。

療養泉」とは何でしょう。

鉱泉分析法指針によると、
「鉱泉のうち、特に治療の目的に供し得るものを療養泉とし、
下表より定義する。」とされています。
be6303b25981bc5ba5e6f05071c0995b-300x200.jpg
温泉の分析表には、成分などが記載される「温泉分析書」
と禁忌症や適応症が記載された「温泉分析書別表」があります。
この別表は、すべての温泉に出るものではなく
上記の「療養泉」となった温泉にのみ出されるもので、
いわゆる「効能書き」です。

「浴用・飲用の禁忌症、適応症」、「浴用・飲用の一般的注意事項」
などが記載されています。
それでは、療養泉にはどのような種類があるのでしょう。
主なものを下表に示します。
ef29b37bf7e8db10d352cacde1205f7e-265x300.png
(鉱泉分析法指針より抜粋)

温泉法第18条では、「温泉を公共の浴用・飲用に供する者は、
施設内の見やすい場所に、温泉成分、禁忌症、入浴又は飲用上の
注意及び入浴又は飲用上必要な情報として環境省が定めるものを
掲示しなければならない。」としています。

見やすい場所とのことで脱衣所に掲示している
施設が多いようです。
いつも行く温泉の泉質を確かめてみてはいかがでしょう。

参考:温泉法
鉱泉分析法指針(平成26年改訂版)

今回もお読みいただきありがとうございました。

by井戸おやじとその愉快な仲間達でした。

2019年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

Copyright© 地下水・井戸利用ブログ井戸端会議」 All rights reserved.